記事詳細

大谷の契約金は4億円まで MLBコミッショナー「不幸なことだと思う」

 日本ハムの“二刀流”大谷翔平投手(23)がポスティングシステムを利用し、米大リーグに挑戦した場合にメジャー球団が提示する条件面の見通しを13日、AP通信が報じた。

 大リーグでは25歳未満のドラフト対象外の外国人選手扱いで、契約金は昨オフに成立した新労使協定により、原則的に上限が575万ドル(約6億3250万円)に制限される。しかもドジャース、カブス、パドレスなど12球団は既に他の外国人との契約金で労使協定が定める上限を超えているため、30万ドルより多い契約金を提示できない。

 100万ドル以上使えるのは8球団にすぎず、最高でもレンジャーズの約350万ドル(約3億8500万円)で、次がヤンキースの325万ドル。年俸もマイナー契約しか結べないため、来季はメジャー最低保障の54万5000ドル程度とされる。25歳まで待って渡米すれば2億ドル(220億円)の巨額契約も可能といわれていただけに、それをなげうつとは見上げた根性である。

 日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)はポスティングシステムの改定交渉を水面下で行っている。両者が微妙な綱引きをしていることから、13日に巨人の老川祥一オーナーがマル秘扱いとなっているその交渉過程を報道陣に説明しただけで、NPB側は真っ青になった。

 米ESPN(14日)によると、MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは老川オーナーの説明について「不幸なことだと思う。もし彼がそう言ったなら、そうなんだろうが、私は肯定はしないし、何もコメントしない」とした。大谷の大リーグ挑戦に影響が出なければいいのだが。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース