記事詳細

岡崎がマン・オブ・ザ・マッチ!指揮官も絶賛「試合の半分もプレーしていないのに」

 サッカーのイングランド・リーグカップ3回戦は19日、各地で行われ、岡崎慎司(31)が所属するレスターはホームでリバプールに2-0で勝った。岡崎は後半8分から途中出場し、同20分に先制ゴールを奪うなど、1得点1アシストでチームの全得点に絡む活躍だった。マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 岡崎がワントラップから右足を振り抜くと、DFに当たりながらボールはゴール左へ吸い込まれた。今季公式戦3ゴール目。さらに同33分のパスでFWスリマニのゴールを演出した。

 シェークスピア監督は「(先発機会がなくても)岡崎はいつも一生懸命トレーニングしていた。試合の半分もプレーしていないのに、マン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを持っていったね」と絶賛していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう