記事詳細

ソフトバンク・柳田、全治3週間で登録抹消 CS出場微妙も工藤監督「間に合うと思っている」

 ソフトバンクは21日、前夜の日本ハム戦で右脇腹を痛めた柳田悠岐外野手が札幌市内の病院で診察を受け「右腹斜筋と肋間筋の損傷」で全治3週間の見込みと診断されたと発表した。同日、出場選手登録を抹消された。10月18日に始まるクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージへの出場は微妙になりそうだ。

 治療を受けるために関東地方の病院へ移動。数日後にリハビリ組に合流する予定という。工藤監督は「CSに間に合うと僕は思っている。絶対に必要な選手。一日も早く帰ってくることを願う」と話した。

 柳田は20日の日本ハム戦で二回の第1打席にファウルを打った際に痛め、その裏の守備から退いた。今季130試合に出場し、打率3割1分、31本塁打、99打点。20日時点でいずれもパ・リーグ3位以内につけていた。7月下旬から離脱した主将の内川に代わって4番を務め、2年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう