記事詳細

履正社・安田がプロ表明「松井秀喜さんのような選手が目標」

 今春の選抜高校野球大会で準優勝した履正社(大阪)の大型スラッガー、安田尚憲内野手が22日、大阪府茨木市内で記者会見し、プロ志望を正式表明した。「子どもの頃からの夢をかなえるためにプロ志望届を提出します。プレーも人間的にも素晴らしい松井秀喜さんのような選手が目標」と話した。ドラフト会議で上位指名が予想される。

 長打力が魅力で、U-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)では日本代表の3番を務めた。後ろを打った清宮(東京・早実)とともに新たなステージへ向かうこととなり「(W杯で)3週間戦った仲間であり、ライバル。互いに頑張ってプロで通用する選手になって戦いたい」と笑顔を交えて話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう