記事詳細

羽生が世界歴代最高点更新「一つ成長できたと思う」

 フィギュアスケートの国際大会のオータム・クラシック第2日は22日、モントリオールで行われ、男子ショートプログラム(SP)で今季初戦の羽生結弦(ANA)がミスなしの演技を披露し112・72点で首位発進した。自身が2015年のグランプリ(GP)ファイナルでマークした世界歴代最高得点を1・77点更新した。

 世界選手権2度優勝のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は101・20点で2位。村上大介(陽進堂)は70・09点で7位と出遅れた。フリーは最終日の23日(日本時間24日午前)に実施。

 女子の三原舞依(神戸ポートアイランドク)、新田谷凜(中京大)は最終日のフリーに向けて調整した。(共同)

羽生結弦「表現したいことがすごく明確なプログラム。やっていて心地よい。(ジャンプの)構成を落とそうがなんだろうが、本番で全てを出し切るのは非常に難しいこと。一つ成長できたと思う。自信を持って滑れた」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう