記事詳細

羽生、フリーでジャンプミス相次ぎ2位「雑念がすごく多かった」 フィギュア

 フィギュアスケートの国際大会のオータム・クラシック最終日は23日、モントリオールで行われ、男子で今季初戦の羽生結弦(ANA)は世界歴代最高得点を更新したショートプログラム(SP)首位で迎えたフリーでジャンプのミスが相次いで155・52点で5位にとどまり、合計268・24点で2位に終わった。

 世界選手権2度制覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリー1位の合計279・07点で逆転優勝した。SP7位の村上大介(陽進堂)は合計200・59点で8位だった。

 女子でSP2位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)はフリーも132・84点で2位となり、合計199・02点で2位。SP9位の新田谷凜(中京大)は合計161・20点で6位に浮上した。昨季の世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)がSP、フリーともに1位の合計217・55点で優勝した。

羽生結弦「雑念がすごく多かった。いろんなことを考えすぎて、ぐちゃぐちゃになっちゃった。今季初戦だったが、悔しさという大きな収穫を手に入れることができた。強い自分を追いかけながら、さらに難しい構成で(自分を)追い抜いてやろうと思う」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう