記事詳細

日馬富士、優勝決定戦で豪栄道を下し7場所ぶり9度目V

 大相撲秋場所千秋楽(24日・両国国技館)一人横綱の日馬富士が11勝4敗で並んだ優勝決定戦で大関豪栄道を寄り切り、7場所ぶり9度目の優勝を果たした。2度目の制覇に向けて首位だった豪栄道を本割で寄り切って追い付いた。11勝で制するのは1996年九州場所の大関武蔵丸以来で、1場所15日制が定着した49年夏場所以降で3度目の最低成績。

 11日目終了時点で、豪栄道に3差を許しており、10日目以降に3差を逆転したのは初めて。千秋楽の直接対決で本割、決定戦ともに勝って逆転優勝したのは、今年春場所の横綱稀勢の里以来。

 関脇御嶽海は勝ち越し、小結玉鷲は負け越した。1横綱1大関を破って9勝した貴景勝が初の殊勲賞を獲得した。新入幕から3場所連続で2桁勝利を挙げた阿武咲が2度目、10勝の新入幕朝乃山が初の敢闘賞。嘉風は4度目の技能賞となった。

 十両は阿炎が10勝5敗で並んだ4人による優勝決定戦を制した。九州場所は11月12日に福岡国際センターで始まる。

八角理事長(元横綱北勝海)「日馬富士は集中力があった。真っすぐにいけば勝てるという自信があった。3連敗もあったが諦めずに辛抱してやってきた。豪栄道には迷いがあった。ただ、この2人はよく持ち直した。よくやってくれた」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう