記事詳細

山県と桐生がお互いに“祝福合戦”、好循環に入った男子陸上短距離

 日本の男子陸上短距離が好循環に入った。

 全日本実業団対抗選手権最終日(24日、ヤンマースタジアム長居など)で、男子100メートル決勝は追い風0・2メートルの条件下、リオ五輪代表の山県亮太(25)が日本歴代2位の10秒00で制し、大会2連覇を果たした。

 ゴール後の速報記録は10秒01だったが、10秒00で確定。9秒台に届かなかったのは「残念でもあるけれど喜びが強い。1年間いろいろあったのでよかった」。9日の日本学生対校選手権で日本新記録の9秒98をマークした桐生祥秀(21)=東洋大=の条件が、追い風1・8メートルであったことを考えると引けを取らない記録だ。

 「誰を追っかけることもない、気持ちのいいレース」という会心の走り。予選、準決勝のスタートのずれを決勝で修正。今季は春先に右足首を痛め、世界選手権代表も逃した。自分を責めたこともあったが情熱は衰えなかった。

 桐生に9秒台の先を越された際は「喪失感がある」と正直な感想を語ったが、桐生には祝福メッセージを送った。桐生も山県の心境がわかるだけに、『おめでとう』という山県のメッセージに涙が出そうになった。

 山県のこの日の10秒00は桐生に刺激を受けて出した記録であるのは間違いない。「自分の走りをすれば記録は出る状態にある。僕にもプライドがある」と日本記録の更新へ自信を深めた。

 桐生もツイッターで、「こっからバンバン抜かれたり抜いたりが始まるんやろな」と山県を祝福。日本の陸上短距離はここから大きく進化していくだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース