記事詳細

試合前に一時騒然…巨人・由伸監督が消えたワケ 就任2年目で初の事態

 巨人・高橋由伸監督(42)が26日のヤクルト戦で試合前の練習に珍しく姿を現さず、一時騒然となった。

 普段は打撃ケージ裏で練習を見守るが、就任2年目にして恐らく初の事態。しかし、鹿取GMらと来季チーム編成について話し合っていたもようで、10月に入ればすぐに戦力外通告を行わなければいけないため、フロントは現場の意向を最終確認していたようだ。

 試合は3-0で快勝し、最下位のヤクルトに3連勝。「だいぶ前から状況は変わらないけど、とにかく勝って、可能性がある限りは頑張りたい」とコメント。27日の中日戦も2-1と競り勝って、3位DeNAとのゲーム差を0・5まで縮めた。残り3試合で3位に滑り込み、11年連続のクライマックス・シリーズ出場を目指すが、辞める監督にフロントが意向を聞くことはあまりない。すでに老川オーナーが明言しているように、仮に4位に終わっても、来季は安泰のようだ。

関連ニュース