記事詳細

【藪恵壹 藪から棒球】私なら清宮こう攻める 内角中心、ストライクゾーンでは勝負しない (2/2ページ)

 抜群の素材であることは間違いありませんが、プロで活躍するには課題点もあります。

 投手の立場からみると、長身の打者は手元が弱点です。私が現役投手なら、清宮には内角を中心に攻めます。それに体がどう反応するか。いずれにせよストライクゾーンでは勝負しませんね。

 また、メジャーを目指すのであれば、ツーシームやシンカー系の球への対応が難関になります。あの松井秀喜氏でさえ、メジャー移籍当初はこれで苦労しました。いまから頭に入れておいても損はないと思います。

 プロ入りが決まれば「清宮狂騒曲」の幕が上がりますが、彼にとって最善の野球人生が歩めることを祈ります。

 ■藪恵壹(やぶ・けいいち) 1968年9月28日生まれ、三重県出身。和歌山・新宮高校から東京経済大、朝日生命を経て93年ドラフトで1位指名され阪神入り。94年に新人王を獲得。エースとして2003年のリーグ優勝に貢献。05年にアスレチックスへ移籍、ロッキーズ、ジャイアンツなどでプレー。10年7月に楽天入り、同年限りで現役引退。11-13年は阪神投手コーチ。現在は野球評論家。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう