記事詳細

【桐生9秒98 土江寛裕コーチに聞く】「僕の好きなように練習させて」桐生の直訴に応えて“教習所型”に 体幹&ボクシングトレも奏功 (1/3ページ)

★(2)

 陸上100メートルで日本人初の9秒台突入を果たした桐生祥秀(東洋大学4年)の軌跡で、ターニングポイントとなったのは2015年夏だった。土江寛裕コーチ(43)は練習方法を見直し、車の運転に例えれば、桐生にハンドルを握らせ、自らは助手席に座る、“教習車型”に変えたのだ。

 米国発の衝撃的なニュースが飛び込んできたのは、東洋大学2年に進級する直前の15年3月29日未明だった。

 「桐生祥秀 追い風参考記録で9秒87!」

 テキサス州で臨んだシーズン初戦で、3・3メートルの追い風参考ながら、電気計時では日本人で初めて100メートル9秒台をマーク。公認されるぎりぎりの追い風2・0メートルで換算すると、9秒96になる快走は、冬場に積み重ねたトレーニングが結実したものだった。

 「1年生の冬は僕が組んだメニューで練習しました。なので、僕にとって9秒87は自信になったんですけど…」

 土江コーチを苦笑いさせた桐生の言葉は、右太もも裏に肉離れを負い、北京世界陸上の選考会を兼ねた6月の日本選手権を欠場することが決まった直後に飛び出した。

 「冬の練習で何をしたのか、まったく覚えていないと言ったんですよ。車に例えれば、僕が運転席でハンドルを握り、後部座席にアイツを乗せていた感じですね。どんな表情をしているのか僕には分からないし、僕に言われるまま目的地に連れて行かれる桐生にも何の印象も残らない」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース