記事詳細

阪神・狩野が引退セレモニー「この大声援は一生の宝物になる」

 阪神の狩野が27日、引退試合としてウエスタン・リーグの広島戦(甲子園)に「4番・指名打者」で先発出場し、同じく引退試合だったかつてのチームメート江草から二塁打を放った。九回2死からは捕手の守備に就き、今季限りで引退する安藤とバッテリーを組んで最後の打者を空振り三振に打ち取り、本拠地のスタンドを沸かせた。

 試合後のセレモニーで「この大声援は一生の宝物になる。自慢していきたいと思う」と晴れやかな表情で語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう