記事詳細

【そういうことだろ~】C大阪・水沼宏太、親父・貴史譲りのキックでタイトル掴め 「走る姿なんか本当にそっくり!」 (1/2ページ)

 サッカーJリーグのルヴァン杯準決勝は、第1戦が10月4日、第2戦が同8日に、C大阪-G大阪と仙台-川崎のカードで行われる。大会初優勝が現実味を帯びているのがC大阪。3季ぶりにJ1に復帰した今季は、リーグ戦でも4位につけている。好調の要因のひとつに、今季FC東京からレンタル移籍で加入したMF水沼宏太(27)の活躍がある。幼少の頃から旧知の清水秀彦氏(62)が直撃した。

 清水「よおっ、宏太! 久しぶりだな」

 水沼「はい。ご無沙汰していました」

 清水「どうだい、セレッソは? 監督(就任1年目の尹晶煥=ユン・ジョンファン)はお前のことをよく知っているんだろ。練習がキツイらしいな」

 水沼「セレッソにとっては、こういう厳しい監督が来てよかったと思いますね」

 清水「技術はすごいけどチャラチャラした選手も多いからな、ここは。シメる人がいないと(笑)」

 水沼「それもセレッソのカラーですから(苦笑)。でも、本当にすごいテクニックを持っている選手がたくさんいます。そういう状況にユンさんが来てくれて、チームの新しい一面が出ていると思いますね」

 清水「大したものだよ、J2から昇格したばかりで」

 水沼「それも昇格プレーオフから這い上がったんですから」

 清水「宏太もこのチームに来て大正解。監督がお前の性格をよく知っている。いつでもしっかり走って頑張る選手だからな、お前は。親父(元日本代表MFの水沼貴史氏)は走ることがあまり得意じゃなかったのにな。だろ~?」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう