記事詳細

広陵・中村がプロ志望届「厳しく指導して成長させてくれる球団に」

 今夏の全国高校野球選手権大会で1大会個人最多新記録の6本塁打を放ち、広陵(広島)の準優勝に貢献した中村奨成捕手が29日、広島県高野連に提出するプロ志望届に署名した。広島市内の同校で記者会見に臨み「自分を厳しく指導して成長させてくれるような球団に入りたい」と話した。

 中井哲之監督が見守る和やかなムードの中で署名。「不安はあるが、書いたからにはしっかりとやっていきたい」と意気込んだ。走攻守そろった逸材は10月26日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が有力視され、広島の松田元オーナーは「地元から久々に出た才能のある捕手。守備力も素晴らしいし、肩も強い」と高く評価している。

 甲子園では思い切りのいい打撃でPL学園(大阪)の清原和博が1985年夏にマークした5本塁打の大会記録を塗り替えた。その後のU-18(18歳以下)ワールドカップは金属から木製バットへの移行に苦しみ、精彩を欠いたが、充実した夏だったようで「他の人ができない経験をさせてもらった」と振り返った。

 中井監督は「一流の人間でこそ一流のプレーヤーになれる。それを肝に銘じてやってほしい」と教え子の活躍を願った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう