記事詳細

【桐生9秒98 土江寛裕コーチに聞く】土江氏&桐生の師弟コンビ継続 共通の夢「東京五輪」ファイナリストへ続く挑戦 (1/3ページ)

★(4) 

 パッションで走る“感覚派”の桐生祥秀(東洋大学4年)と、“理論派”の土江寛裕コーチ(43)がコンビを組んで3年半。時間の経過とともに理想的な絆を築き上げた。日本陸上界の夢だった100メートルの9秒台突入を果たしたが、これを通過点として、桐生が卒業する来春以降も二人三脚で東京五輪のファイナリストを目指していく。(スポーツジャーナリスト、藤江直人)

 得意とする中盤からの加速を蘇らせ、先行する多田修平(関西学院大学3年)を捉えた桐生が、瞬く間に追い抜いてゴールを駆け抜けた。

 9月9日に福井県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権の100メートル決勝。速報表示9秒99が、正式タイム9秒98に変わった瞬間、土江コーチは意外な思いを抱いた。「何で出たのか分からないんです。いわゆるパッション切れの状態で9月まで来ていたので。これだけの準備でここまで出せるのか、というのが正直な思いでした」

 東洋大学のユニホームで走る最後のレース。土江コーチをはじめとする周囲へ、恩返しがしたい思いが桐生の心のスイッチをオンにした。出会いから3年半に及ぶ軌跡を振り返った時、土江コーチは涙腺が緩むのを抑え切れなかった。

 「僕はよく泣いちゃうので…。桐生はいい時と悪い時の振り幅がすごく大きいというか、本当にドラマチックな選手なんです。(大学生活の)最後の最後で出してくれたことが嬉しかったし、記者会見でアイツが(自分のことを)振り返ってくれたことで、僕の中でも込みあげてくるものがあった」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース