記事詳細

【勝者のワザ】片岡大育、無理・無駄ないスイング実現 「体の正面でインパクト」がカギ (1/2ページ)

★アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ優勝

 最終日を1打差の3位からスタートした片岡大育が終盤の16番バーディーで単独トップに立つと、続く17番パー3でピンそば50センチにつけるスーパーショットを打ち、リードを広げて今季初勝利を挙げた。

 17番は距離の長いパー3ホール。縦長のグリーンで右サイドはバンカーと深いラフ、左サイドは急な下り傾斜で深いラフ、しかもピンは左奥の狭いエリアでバンカー越えという難しい位置に立っていた。

 縦、横の正確なコントロールが求められる状況で、片岡は3UTでピンそばにつけた。事実上のウイニングショットであった。

 ゴルフスイングで“無理”はボールの曲がりを呼び、“無駄”は飛距離ロスに繋がる。片岡の3UTショットには、どちらも一切見られなかった。

 無理、無駄のないスイングをするためのカギ。極論すれば、たったひとつだ。それは「インパクトでは、体の正面でボールをとらえる」ということ。

 そのためのポイントは、いくつかある。まず、体重移動という意識を頭の中から除くこと。重心の移動は、スイング動作の中で自動的に生じるもので、自分から意識して行うものではない。次にダウンスイングからインパクトへ上半身を開かないこと。この2点を徹底することで、片岡のような正確で無理、無駄のないスイングへの入り口に立てる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース