記事詳細

内村、7連覇ならず 左足首負傷で途中棄権「何とも言えない」

 体操の内村航平(28)=リンガーハット=が2日、モントリオールで開幕した世界選手権の男子予選で左足首を負傷して途中棄権し、6種目合計の個人総合で7連覇はならなかった。2012年ロンドン、16年リオ両五輪での2連覇も合わせ、8年連続で世界一に輝いていた。

 2種目目の跳馬で高難度の「リ・シャオペン」(ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)を成功させたが、左足首付近をおさえてフロアに座り込み、4種目目の鉄棒以降を棄権した。国内外の大会での個人総合で2008年11月の全日本選手権からの連勝記録が40でストップした。

 昨年11月末に日本体操界初のプロ転向したばかり。「成功してけがをしているので、何とも言えない。はい上がってやろうかなと思っている」と内村。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう