記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ランニングで寄せきれないナゼ ピンまでの力加減だけで打つ感じでいい (1/2ページ)

 【今週の質問】アプローチが苦手で、フェアウエーのいいところからザックリをしてがっかりということがよくあります。上げるより転がした方が安全というセオリーは理解できるので、ランニングを使うことが多いですが、いつも寄せきれないことが多いです。

 パー5の3打目のアプローチ(写真〔1〕)。

 ティーショット、2打目のフェアウエーウッドも当たってグリーン際まで運ぶことに成功した場面。よくある砲台グリーンだが、障害物もなくライもいい。寄せてバーディーを狙いたいところだ。

 ここで使うアプローチは、ただ1つ。上げてピンの根元を狙うショットだ。低く出して意図的にスピンをかけて止めるような難しいアプローチをする必要もない。ウエッジを少し開いて、ソールを滑りやすくしておき、自然に打ち上げるアプローチでいい(〔2〕)。

 アプローチに苦手意識がある人は、「ここからトップしてオーバーしたらいけない」とか「ザックリになったらもったいない」と思って、大きなミスにならないようにと、とりあえず手前から転がして乗せておこうと思うかもしれない(〔3〕)。それもいいけれど、こんなに絶好の場面であるなら、ピンを狙うべきだし、ここからは上げた方がやさしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう