記事詳細

ロッテが京大出身の田中英、古谷らに戦力外通告

 ロッテは2015年にドラフト2位で入団し、京大出身初のプロ野球選手となった田中英祐投手(25)ら10選手に来季の契約を結ばないと通告したと3日、発表した。

 田中英の他には、2013年に9勝を挙げた古谷拓哉投手(36)、通算87試合登板の金森敬之投手(32)、黒沢翔太投手(29)、信楽晃史投手(25)、寺嶋寛大捕手(24)、脇本直人外野手(21)、今季テスト入団した柴田講平外野手(31)と猪本健太郎内野手(26)、育成選手1年目の菅原祥太外野手(24)で、球団によるといずれも去就は未定。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう