記事詳細

広島・梵が退団 出場機会求め、自由契約に「まだ動ける」

 広島は3日、梵英心内野手(36)の退団を発表した。梵はこの日、マツダスタジアム内の球団事務所へあいさつに訪れ「まだ動けると思っている。どこかでできることを想定して練習していきたい」と語った。

 今後は自由契約となり、他球団で現役続行の道を探る。鈴木清明球団本部長は「本人が出場機会を求めている。広島出身で、これまで貢献してくれた選手。本人の意思を尊重した」と説明。松田元オーナーも「苦しい時代をずっと支えてくれた」とねぎらった。

 梵は広島・三次高から駒大、日産自動車を経て、2006年に大学・社会人ドラフト3巡目で広島入りし、新人王に輝いた。10年には盗塁王を獲得し、遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞。今季は1軍の出場がなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう