記事詳細

日本ハム・レアード帰国 ラスベガス銃乱射事件で親族死亡

 プロ野球日本ハムは3日、ブランドン・レアード内野手(30)が親族の女性が米ネバダ州ラスベガスで起きた銃乱射事件で犠牲となったために帰国すると発表した。2日夕方から安否が確認できず、3日朝に亡くなったことが分かったという。

 今季の試合は9日まであるが、栗山英樹監督から帰国を了承された。レアード選手は4日に米国へ向けて出発する。

 カリフォルニア州出身。今季は137試合に出場して32本塁打、90打点。昨季本塁打王を獲得するなど、来日1年目から3年連続で30本塁打を記録しており、来季まで契約が残っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう