記事詳細

ヤ軍、地区シリーズ進出決めた 試合前に銃乱射事件追悼

 大リーグのポストシーズンが3日(日本時間4日)開幕。ア・リーグのヤンキース(東地区2位)が本拠地でツインズ(中地区2位)とワイルドカードゲーム(1試合)で対戦。8-4で勝ち、インディアンス(中地区優勝)との地区シリーズ進出を決めた。

 田中将大投手(28)は試合前、ラスベガスの銃乱射事件の被害者に黙とうを捧げた。この勝利でポストシーズンでの登板が決まった。

 試合は両軍が1回に3点ずつ挙げる乱戦。ヤンキースの先発右腕セベリーノ(14勝6敗)は2本塁打を許し、1死しか取れずに29球でKO。しかし、その裏、ヤンキース打線は右腕アービン・サンタナ(16勝8敗)に襲いかかり、4番グレゴリウスの同点3ランで追いついた。4回に新人の2番ジャッジが2ランを放ってリードを広げた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう