記事詳細

日本ハム・大谷とDバックスの濃密関係 キャンプ地“乗り換え”ウラ読み解こうと大リーグ関係者躍起 (1/3ページ)

 日本ハムは3日、来年2月のキャンプを米アリゾナ州スコッツデールにある大リーグ・ダイヤモンドバックス(Dバックス)の施設で行うと発表した。この2年間は提携球団であるパドレスの施設で行ってきたが、キャンプ地変更で大リーグ関係者の間にはさまざまな憶測が広がっている。Dバックスでは、今オフのメジャー移籍が確実視される大谷翔平投手(23)にとって“恩人”ともいえる小島圭市氏(49)がスカウト顧問を務めており、米紙『ロサンゼルス・タイムズ』が2人の信頼関係について報じている。この奇妙な符合は何を意味するのか。

 大谷は4日のオリックス戦(札幌ドーム)で、自身初となる「4番・投手」で先発。日本最後の登板となる可能性が高い試合で、投げては9回を2安打10奪三振、打っては3打数1安打と投打で活躍し、今季初の完封勝利で締めた。9日のチーム最終戦(対楽天=Koboパーク宮城)終了を待って、米球界挑戦の意向を自らの口で明かす可能性が高い。

 先発前日の3日には「今まで通り、やることはほとんど変わらない。やれることをやりたいです。チームが勝てるようにしっかり投げる」と淡々とした口調で話した。

 来年2月の日本ハムのキャンプ地変更は、このオフにメジャーへ移籍する右腕にとっては関係のない話のはずだが、変更先がDバックスとなれば、そうも言っていられない。

 これまでの受け入れ先だったパドレスは日本ハムと2008年から業務提携契約を結んでおり、キャンプだけでなく金子誠氏(現打撃コーチ)、中嶋聡GM特別補佐のコーチ留学先にもなり、ソフト、ハードの両面で深い関係を築いてきた。ところが、ここにきてキャンプ地というハード面でつながりを解消した格好だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース