記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】原氏に巨人監督再々登板待望論 球界長老OB「高橋では来季も勝てない」 (2/2ページ)

 「僕には全面的にバックアップしてくれるフロント体制がない。球団側の強力な支援がある監督を見るとうらやましい」

 そんな経緯もあってか、「僕の後の監督は由伸にやってほしい。帝王学を授けたい」と、第2次政権最終年になってしまった15年、高橋を兼任打撃コーチに就任させている。誤算は数年かけて帝王学をマスターさせ、政権禅譲するつもりが、わずか1年間で終わってしまったことだろう。

 来季は3年契約最終年で土俵際の高橋政権。4年ぶりのV奪回が実現しなければ、原氏が巨人史上初の3度目の監督登板を果たす可能性が膨らみそうだ。(江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース