記事詳細

スペイン、11大会連続15度目のW杯出場決定

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の欧州予選は6日、各地で行われ、10年南アフリカ大会王者でG組のスペインが11大会連続15度目の本大会出場を決めた。

 スペインはホームでアルバニアを3-0で下し、勝ち点25とした。2位のイタリアがマケドニアと1-1で引き分けて同20にとどまったため、1試合を残してスペインの1位が確定。イタリアの2位も決まった。

 I組はアイスランドが敵地でトルコを3-0で破り、勝ち点19で首位に浮上した。クロアチアとウクライナが同17で並ぶ。D組は首位セルビアが2-3でオーストリアに敗れて勝ち点18のまま。ウェールズが同17、アイルランドが同16で追う。

 A-I組に分かれて行われる欧州予選は各組1位が本大会に出場。同2位のうち成績上位8チームが11月のプレーオフで残り4枠を争う。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう