記事詳細

香川、ゴール決められず悔しさにじませる「チャンスはたくさんあった」

 ■キリン・チャレンジ杯(6日、日本2-1ニュージーランド、豊田ス)

 香川は前半に再三、決定機をつくったが決め切れなかった。前半8分、ペナルティーエリア内での右足シュートはポストに当てた。同23分には山口のパスに反応し、ミドルシュートを打ったが枠上へ外れた。「決めるチャンスはたくさんあった」と悔しさをにじませた。

 来年の本大会に向けて得点できなかったことに焦りを感じている様子で「次のW杯は自分の集大成。自分のサッカーに対してどう色を出せるか、試行錯誤してやっていきたい」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう