記事詳細

本田真凜、五輪出場枠争うシーズン開幕も気負いなし SP新曲は『ザ・ギビング』

 平昌冬季五輪を目指すフィギュアスケート女子の本田真凜(16)=大阪・関大高=が6日、新しいショートプログラム(SP)の曲名をピアノ曲「ザ・ギビング」と明かした。7日にさいたまスーパーアリーナで行われる日本、欧州、北米のチーム対抗戦『ジャパン・オープン』後のアイスショーで初披露する。

 「スピード感があるプログラムがいいなと思って、自分の想像と同じような、すてきなプログラムができました」

 ジャパン・オープンはフリーのみで行われるが、前日練習ではSPの新曲もかけて滑った。当初は別の曲を予定していたが、新曲を気に入り8月末に変更の意向を示していた。

 シニアデビューし五輪出場枠を争うシーズンの開幕にも「シニアではあえて目標を作らない方がいいかもしれない。自分と相談しながら考えます。わくわくしながらできているので、スケートの楽しさを今一番感じています」と全く気負いがない。大物だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう