記事詳細

ヤンキース本拠地で負の連鎖止められるか 地元紙「小さなプレーが結果を大きく左右している」

 リーグ優勝決定シリーズで2連敗のヤンキースは、敵地ヒューストンをあとにして本拠地へ。初戦で好投しながら勝利を挙げられなかった田中将大投手(28)は、第5戦(18日=日本時間19日)の先発が決まっており、雪辱を期している。

 しかし、ニューヨーク・タイムズ紙は「小さなプレーが結果を大きく左右している」と劣勢を報じている。ヤンキースは走塁ミスや微妙な判定で競り負けている。

 第1戦は田中が2失点に抑えていたが、打線は沈黙。5回に左前打で本塁に突っ込んだ二塁走者のバードがタッチアウトで反撃ならず。

 第2戦では0-0の3回に、ヘッドリーが放った本塁打性の打球をアストロズのレディック右翼手にスーパーキャッチされた。スパイダーマン好きでロッカーに衣装を3着もっているレディックの好守は続き、続くガードナーは右翼線を破ったが、三塁打を狙ったところを好送球で刺された。

 4回には、アストロズの主砲コレアが放った打球は、右翼席最前列に飛び込む先制弾となった。アストロズファンの少年が差し出したグラブでキャッチしたためビデオ判定にもつれこんだが、判定は覆らなかった。

 9回にサヨナラ負けした場面も、本塁上のクロスプレーで捕手サンチェスが内野からの返球をこぼさなければアウトのタイミングだった。本拠地でヤンキースは負の連鎖を止められるだろうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース