記事詳細

打線振るわなかった西武、好機で波に乗れず ファイナルステージ進出逃す

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は16日、パ・リーグの最終第3戦がメットライフドームで行われ、レギュラーシーズン2位の西武は3位楽天に2-5で敗れ、対戦成績1勝2敗でファイナルステージ進出はならなかった。

 逆転を狙った9回、西武の反撃は浅村が放ったソロ本塁打までだった。2-5。就任1年目の辻監督は日本一の夢が破れ「残念だった。負けるつもりはなかったので」と落胆を隠せなかった。

 1回の好機で波に乗れなかった。1番秋山の三塁打の後、源田、森、山川の2~4番でかえせなかった。第2戦の1回も秋山の二塁打を生かせなかった。まるで“再生”を見ているようだった。この日、4番の山川は無安打の大ブレーキ。主軸のバットは湿ったままで試合後はうつむいてロッカールームへ消えた。

 今季は新人の源田、3年目の外崎ら若手が主力に成長。シーズンの最後で重圧のかかる短期決戦を経験したことは将来につながる。主将の浅村は「若い選手がいっぱい出てきている。この悔しさを来年ぶつけたい」と力を込めた。(浜田慎太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう