記事詳細

日本、最低格付けか FIFAランク後退44位でW杯1次L抽選どうなる?

 国際サッカー連盟(FIFA)は16日、男子の最新の世界ランキングを発表し、日本は四つ下げて44位となった。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選(12月1日)は今回のランキングで出場権獲得チームが格付けされ、日本は最低の第4ポットに入る可能性が高くなった。決まれば1次リーグで格上の3チームと対戦する。

 W杯出場チームのうちFIFAランキング1~7番目と開催国ロシアが第1ポット、8~15番目が第2ポット、16~23番目が第3ポット、それ以下が第4ポットとなる。

 日本が第2ポットに入る可能性はない。第3ポットに入るためには11月のアフリカ最終予選と欧州プレーオフ、大陸間プレーオフで日本よりランキング下位のギリシャ、ニュージーランド、ホンジュラスなどが勝ち上がる必要があり、極めて望みは薄い。

 W杯の1次リーグは各ポットから1チームずつの計4チームで争う。第1ポットはロシア、ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス。日本はこの8チームのいずれかと1次リーグで同組になる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう