記事詳細

東大150キロ左腕・宮台康平を指名するプロ球団の「皮算用」 (1/2ページ)

 10月26日のドラフト会議で、史上6人目の「東大卒プロ野球選手」誕生が現実味を帯びてきた。東京六大学野球の秋季リーグ戦で、東大に15年ぶりとなる勝ち点をもたらした立役者であるエース左腕・宮台康平(4年)だ。東大野球部の特別コーチを務める中日OB・谷沢健一氏は、宮台の素質を高く評価する。

 「過去に東大からプロ入りした選手では、新治伸治さん(1965~1968年、大洋)が通算9勝をあげましたが、それを上回るパフォーマンスができるはず。右打者の内角に最速150kmのストレートを投げ込めるし、チェンジアップもいい。研究熱心な努力家です」

 すでに阪神、横浜、ヤクルト、ソフトバンク、西武などが東大の試合、練習を視察に訪れている。

 心配なのは本当に「戦力」になるかだ。奇しくも、宮台がプロ志望届を出す2日前、2014年にドラフト2位でロッテ入りした京大卒の田中英祐(25)が戦力外通告を受けている。

 「入団当初は『京大君』としてマスコミの注目を集めましたが、1年目の4月の一軍デビュー戦で3回KOされるなど、結果を残せず二軍暮らしのまま戦力外に。実力より話題先行で獲得が決まった面もあったのでしょう」(アマ野球担当記者)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース