記事詳細

巨人もSBもドタキャン? 清宮まさかの阪神単独指名あるか (1/2ページ)

 早稲田実業・清宮幸太郎(18)の運命の日が近づいている。10月26日のドラフト会議では、1位指名に史上最多10球団が競合との予測もあり、日本中が注目している。

 だが、ここへきて球界には不穏な空気が広がっている。ドラフト直前になって各球団が方針を翻し、清宮の指名を回避するという情報が広がっているのだ。

 各球団が最も注目しているのは巨人の動向だ。老川祥一オーナーは「ドラフトはみなさんが見ている形で進む」と清宮の1位指名を匂わせたが、やはりここに来て指名回避説が広がっている。原(辰徳)監督時代のV3に貢献した村田修一を自由契約にしたことがその理由だ。

 「村田の自由契約は、控えのサード・岡本和真を育て上げる布石というのが普通の見方。しかし実は清宮ではなく履正社の安田尚憲に切り替えたからではないかといわれている。

 今オフ獲得を目指す中日のゲレーロやヤクルトのバレンティンのように、大砲はFAや外国人選手でまかなえる。しかし俊足・堅守の機動力野球は、若手を育てないと実現できないという考えが巨人にはある。ファーストしか守れない清宮は、機動力野球の担い手としてはふさわしくない。サードを守れ、俊足巧打の安田のほうがチーム編成上、理に適う」(スポーツ紙デスク)

 さらに巨人には、「育成実績が乏しい」という現実がある。野球評論家の江本孟紀氏がいう。

 「新人を我慢して使い切れない巨人では高卒ルーキーを育て上げられない。回避するなら賢明な判断だと思いますよ。少しは学習したんじゃないですか。清宮を飼い殺すことがあれば、批判は免れないですからね」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース