記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ショット上達のための練習法 右か左か球筋を決めて打つ、練習場でこころがけること (1/2ページ)

 【今週の質問】ショットの練習でおすすめの方法があったら教えてください。明日練習場にいって打ちたいのですが、上達するためにどんな練習をしたらいいでしょうか。

 練習場で普段からこころがけなければいけないのは、球筋である。

 目標を決めたら、それに向かって、必ず右から曲げて狙うのか(写真〔1〕)、左から曲げて狙うのか(同〔2〕)を決めて打つ。球筋を決めることなく、ただ漫然と目標に向かって打つだけでは、運動にはなるが、ゴルフの練習にはならない。

 練習場で手首がどうとか、腰の動きがどうとか体の部分的な動きをチェックしている人も多いが、これは十人十色なのであまりこうでなければならないというような正解はない。打ちやすい方法であればいいので、そこにこだわってはいけない。時間の無駄になる。

 ボールを曲げるなんて難しいことだと思う人もいるようだが、これができないとまっすぐ打つことはできない。曲げることができて、この曲げ幅を調整できて、曲げ幅を小さくしたものがまっすぐ飛ばすということ。

 曲げることができるようになるというプロセスを省いて、いきなりまっすぐ、遠くまで飛ばすショットだけを習得しようとするのは本来無理な話。曲げることができるので、まっすぐも打てるのだという基本的な理屈を理解する必要がある。

 曲げ方はいろいろあるのだが、どんな方法でもいい。要するに右に曲げるなら右回転、左に曲げるなら左回転をボールにかければいいのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう