記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】“勝負手”ズバリ!その差歴然だったラミ監督と緒方監督の“監督力” 順風満帆のウラで「油断」指摘する声 (1/3ページ)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルシリーズ第5戦(24日=マツダスタジアム)は、レギュラーシーズン3位の横浜DeNAが同1位の広島に9-3で逆転勝ち。4連勝で対戦成績を4勝2敗(広島のアドバンテージ1勝を含む)とし、19年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めた。一方、広島はシーズンでは2位阪神に10ゲーム差、3位DeNAには14・5ゲームの大差をつけて独走優勝し、2年連続日本シリーズ出場はもちろん、33年ぶりの日本一へ向けて順風満帆にみえたのに、なぜ大一番でつまずいてしまったのか。(江尻良文)

 2試合連続の雨天中止を挟み、ようやく行われた第4戦。DeNAが王手をかけることができたのは、アレックス・ラミレス監督(43)と広島・緒方孝市監督(48)の“監督力”の差。ラミレス監督の方が一枚も二枚も上だった。

 広島は、5回降雨コールド勝ちした18日の第1戦で“完封”していた薮田が中4日で先発。打線も1回に丸が2ラン、新井もタイムリー二塁打を放ち、いきなり3点を先制して一方的な試合になるかとも思われた。

 しかし、DeNAのラミレス監督は平然としていた。「中4日だから、あまり調子が良くない」と、プロ入り初の中4日先発の薮田の調子を冷静に分析していたからだ。4回に不振だった4番・筒香に待望の1号ソロが飛び出すと、打線に火が付き5回途中で薮田をKOしたのだった。

 そして、ラミレス監督の“勝負手”がズバリ当たる。プロ2年目でレギュラーシーズン、CSを通じリリーフが1度もなく、今季もチーム勝ち頭の11勝を挙げていた今永を、あえて7回から投入。2回3奪三振パーフェクトの快投を引き出した。「2日間の中止で、(先発の)ウィーランドと今永の2人を使えた」としてやったりだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース