記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】実況アナも台風に翻弄されて“下克上”食らった! セ・パCS怒濤の11日間 (1/2ページ)

 セのCSは横浜DeNAの下克上で決着。“神采配”のラミレス監督は常々「野球で一番大切なのは勢い」とおっしゃっていましたが、われわれ放送スタッフも雨と台風に翻弄されながら、おのおの「勢い」や「下克上」を味わいました。セ・パ二段構えの中継体制でお送りしたニッポン放送の、怒濤の(笑)11日間を振り返ります。

 14日の甲子園初戦は私がしゃべって2時間52分の短時間。しかし15日の第2戦、雨天強行で先輩の師岡アナが、午後1時半の放送開始から6時間以上実況して大波乱がスタート。16日は甲子園が中止で西武-楽天戦。17日は私がスタジオで通常番組の「今夜もオトパラ」をしゃべる予定でしたが休止となり、順延の甲子園から後輩の煙山アナが実況。

 18日、広島の第1戦は私が実況するも5回コールドで、マイクは途中から福岡ヤフオクドームの後輩・清水アナへ。19日の第2戦は師岡先輩がまたもや3時間40分のロング。20日の第3戦をはさみ、21日の第4戦は再び私の番でしたが雨で中止となり、ヤフオクから後輩の洗川アナが実況。22日の広島も中止で、ソフトバンクの優勝決定試合を、なんと広島から移動した師岡先輩がみたび、しゃべりました。

 23日は私のオトパラでしたが、広島対DeNA戦の順延でお休み! 24日は洗川アナが実況し、私のオトパラが休止!!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース