記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】ボール後方の芝草を寝かせた?下手ならインチキせずに練習あるのみ (1/2ページ)

 「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」の故事成語が頭に浮かんだ。

 疑われるような振る舞いはするな。俺は気を付けているつもりだ。ゴルフプレーの時には、ニッカーボッカーズを履くようにしているのも、裾がくくられているからだ。

 パンツに穴を空け、そこからボールをコロコロと脚伝いに落とし、ラフや林で見失ったボールがあたかも見つかったようにする(卵を産むとも言われる)行為はしません! というアピールでもあるんだ。

 「火の無い所に煙は立たぬ」という諺もある。何やらアイツは卵を産むらしいよ。そんな評判が立ったら、誰も一緒にゴルフをしてくれない。というより、人間としての信用を一切なくしてしまう。

 先日、悲しい話が耳に入ってきた。懇意にしてもらっている某プロが卵は産まずとも、ライの改善をちょくちょくやっているというのだ。その行為を間近で見てしまった俺のマブダチの帯同プロキャディーは、ツアー中にも関わらず契約を解除。仕事場を女子ツアーにしてしまった。ボール後方の芝草を寝かせて打ちやすくする。「そんなことは止めろ」と言っても聞かないのが契約解除の真相だったそうだ。

 今季の関西オープンでのこと。ティーショットを曲げて林に打ち込んだ某プロは、ボールがあったことを同伴競技者に告げ、誤球防止のためにボールを確認すると伝えた。そしてトラブル同然のショットながらグリーンをキャッチ、しかもピタリと止めてみせたから、頭が痛い。だってボール確認するほどライは悪かったはずなのに…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう