記事詳細

清宮笑顔で会見、両親へ感謝「やっとスタートライン」 

 プロ野球のドラフト会議で26日、野手として過去最多に並ぶ7球団から1位指名を受け、日本ハムが交渉権を獲得した東京・早稲田実業高の清宮幸太郎(18)。高校野球歴代最多とされる通算111本塁打を記録した注目のスラッガーは「やっとスタートラインに立てたなという気持ち。自分を信じてやっていきたい」と、プロへの扉が開いた喜びを笑顔で語った。

 この日、東京都国分寺市の同校には約150人の報道陣が詰めかけ、運命の瞬間を見守った。清宮は全球団の1位指名選手が決まった午後5時45分ごろ、硬式野球部の和泉実監督(56)に伴われ、黒い詰め襟の学生服姿で会見場に登場。無数のフラッシュがたかれる中、口を真一文字に結び、深く一礼をして席についた。

 和泉監督によると、日本ハムが交渉権を引き当てた瞬間の清宮は「一喜一憂というよりもしっかり受け止めている様子だった」という。清宮自身は「こればかりは自分ではどうにもできない。試合は自分が努力して出した結果だが、今日はいつもと違ってふわふわしている」と話した。

 日本ハムの本拠地・北海道の印象を聞かれると「寒いなというのと、おいしいものが多いイメージ」。中学生だった平成24年には、東京ドームで行われた日本ハム-楽天戦で始球式を務めたこともあるといい「今思えば、あのときから縁があったのかもしれない」と感慨深げに振り返った。

 「今の自分は両親なくしてはない。育ててもらった18年間に恥じないよう、いい大人、いいプロ野球選手になれれば」と両親への感謝の言葉も口にした清宮。プロでも強打者として活躍が期待されるが「高校野球の中では記録を残すことができたが、プロの世界はまた別の世界。甘んじることなく、しっかり鍛錬していきたい」と冷静に自らを分析し、抱負を語った。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう