記事詳細

【編集局から】ドラフト指名候補の宮台投手の取材、東大の会見場でおにぎりをほおばっていたら…

 東大のキャンパス内に初めて“潜入”しました。26日にプロ野球ドラフト会議が行われ、指名候補の宮台康平投手(4年)の会見が予定されていたからです。

 ドラフト会議は午後5時スタート。この日は他の取材から急行したため昼食抜き。そこで思い出したのが、「東大の学食は安くてうまい」という評判。特に、有名な安田講堂の地下にある中央食堂は「安くて、うまいし、ボリュームもある」と聞いていました。それなら取材前に腹ごしらえをと考えたのですが、ツイていないことに、来年の3月までリニューアル工事のために休業中とのことでした。

 結局、宮台投手が日本ハムから7位指名されたのは7時20分過ぎ。われわれ報道陣は長い待ち時間中、おのおのコンビニで購入してきたおにぎりをほおばり、コーヒーなどを飲んでいましたが、その光景に東大のスタッフの方から「申し訳ありません。この会見場は飲食厳禁です。一粒もこぼさないようにお願いします」といわれてしまいました。私もあわてて飯粒が落ちていないか確認し、ウエットティッシュで机を拭いたところで、宮台君が指名された次第です。(運動部・久保武司)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう