記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】ソフトB・工藤監督がまさかの“3連敗” 日本S前哨戦はラミレス監督に軍配

 日本シリーズ(28日開幕)の“前哨戦”で明暗が分かれた。26日のドラフト会議で、ソフトバンク・工藤公康監督(54)は3度も抽選を外し“惨連敗”。横浜DeNA・ラミレス監督(43)は一本釣り成功で満面笑みを浮かべた。

 ソフトバンクの王球団会長は、前日の25日に早実高の後輩・清宮の1位指名を明言。「クジ運が強い工藤監督に任せる」と抽選役を譲った。昨年は5球団競合の田中(創価大)、一昨年は3球団の高橋(県岐阜商業)と2年連続してドラフトの目玉を引き当てていたのだから当然だろう。

 ところが、高校生としては史上最多タイの7球団競合となった清宮を外しただけではなかった。外れ1位に指名した履正社高・安田も阪神、ロッテと重複し、抽選はハズレ。さらに阪神と仙台大・馬場で競合し、まさかの“惨連敗”。最終的に鶴岡東高・吉住を1位指名した。

 「一番良い選手(清宮)に当たればいいと思っていたが、非常に残念」と工藤監督はショックは隠せなかった。

 一方、王会長は「仕方ないよ。7球団とは多かったね。あれで(当たりくじが)残っていたら出来レースといわれてしまうよ」と、7球団でくじを引く順番が最後だった工藤監督をかばったが、清宮獲りに失敗した悔しさはにじみ出ていた。

 一方、DeNA・ラミレス監督は競争率の高い清宮を回避し、立命大の左腕・東の一本釣りに成功。スマイル全開で「ベリーハッピー」を連発していた。

 広島とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージを早めの継投で制し、勢いに乗るDeNAにとって、球団史上19年ぶりの日本一へ加速するドラフトになったのは間違いないだろう。(江尻良文)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース