記事詳細

阪神D1・馬場、吉本新喜劇にラブコール トーク学ぶため座長・小籔と「共演できれば」

 「(動画共有サイトの)ユーチューブで大阪の知識を学びたい」

 阪神からドラフト1位指名された仙台大の馬場皐輔(こうすけ)投手(22)が、関西で成功を収めようと「お笑い大作戦」に打って出る。

 宮城で生まれ育った馬場は、「関西の速い会話のテンポについていけるか分からない」と、日常会話の中でボケや突っ込みの応酬がある関西のノリについていけるか不安げ。一日も早くなじむための切り札として考えているのが「お笑い」だ。

 報道陣から好きな芸能人を聞かれると、全国ネットの番組でも露出度が高い吉本新喜劇座長の1人、小籔千豊(44)の名前を挙げて「すごく面白い方。いろんなトークが面白くツボにはまります」と大絶賛する。

 小籔は10月からスポーツ番組『コヤぶるッ! SPORTS』(関西テレビ)で女子フィギュアスケートの本田真凜の妹・望結とMCを務めており、「共演できればうれしいです」という馬場とのコラボが実現する可能性は十分ある。

 これを聞きつけた某在阪テレビ局関係者は、馬場のハートをつかもうと「うちは吉本芸人の番組を数多く放送しているので、ダイジェストDVDを早急に作り、小籔さんにも映像でお祝いコメントをもらい一緒に送りたい」と手ぐすねを引く。

 別のテレビ局の関係者は、ドラフト会議を前に日本ハムの木田GM補佐に「左手で引け」と指南し見事、早実高・清宮を引き当てさせたお笑い怪獣・明石家さんまが出演する番組に招待し、「フリートークの極意を学んでほしい」としゃべりの英才教育プランをブチあげた。

 指名のあいさつを受けた27日、自ら進んで「(関西に)染まっていきたい」と意気込んだルーキーのバックアップ態勢は万全だ。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース