記事詳細

【編集局から】ソフトバンク1位指名がまさかの… うしろめたかった仕事での母校に連絡

 「鶴岡東!」

 「一服」をしに編集局から出ようとするとテレビから突然、耳慣れた校名が聞こえてきました。「何事か」ときびすを返し、画面にくぎ付けになりました。

 26日夕のドラフト会議でソフトバンクが1位指名した吉住晴斗投手は、なんと私の母校、鶴岡東高だったのです。

 ただちに母校へ連絡を入れると偶然にも恩師につながり、監督と吉住選手のコメントをもらうことができました。騒然とした中での丁寧な受け答えはうれしかったです。

 帰郷するたびに母校には立ち寄るのですが、特に手土産の持参もせず、恩師たちと駄弁って「邪魔」をしに行くだけの“OBぶった奴”との自覚がありました。仕事で母校へ連絡するのはうしろめたい。電話口でも「ご無沙汰しております」「取材のお願いをしたいのですが…」など、どう切り出せばいいか迷いました。初対面での取材の方が気は楽なことを実感しました。

 最後に「仕事で電話することになってしまい、すみません」と謝ると、野球部のコーチは「いい記事を書いてください」と一言。当時の読書感想文よりはマシかと…。

 地元の野球ファンが「ソフトバンク推し」になる日が来るよう、吉住投手のご活躍を期待します!(海野慎介)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう