記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】少し軽めに振った方がいい?力めば力むほど飛ばなくなる理由 顔がボールから離れていく感覚で打とう (1/2ページ)

 【今週の質問】飛ばそうと思って力めば力むほど飛ばなくなるのはどういう理屈でしょうか。当たったとしても、いつもより10ヤード距離が伸びれば良い方です。むしろ、少し軽めに振った方がいい当たりをするのはどういうことなのでしょうか。

 ただ力み返ってボールをたたこうとしても飛ばしのエネルギーにはならない。

 インパクトに力を加えようとすると、シャフトのしなりをタイミングよく使えなくなったり、クラブヘッドの入射角が極端に上から入ったりするのでエネルギー効率が悪くなって思ったほど飛ばない。

 それなら、すこし力を抜いて振るくらいの方が、シャフトの動きを有効に使えるし、なめらかな大きなスイング軌道になるので、フェースがねじれずにしっかりとボールにコンタクトしていい当たりをする。打ち出しも高くなりやすいので、キャリーも出て、こっちの方が結果的に飛距離が出たりする。

 要するにエネルギー効率をよくすればいいのだが、そのために1つ大事なことがボールに近づいていかないことだ。力んで打ちに行くとボールを凝視したくなるし(写真〔1〕)、体ごとボールに体重を乗せるようなインパクトをしたくなる(同〔2〕)。

 しかし、インパクトではボールから離れていないと腕を伸ばして大きく振り抜いていくことができないので効率的なインパクトにならない。力が入ると、腕をがちがちに固めて、上から押さえつけるような打ち方になり、これでは、どんなに強く打とうとしてもボールは上がらない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう