記事詳細

ハリル監督、W杯メンバー長谷部の“当確”を示唆

 【リール(フランス)=小川寛太】サッカー日本代表のハリルホジッチ監督は3日、フランスのリールで取材に応じ、ワールドカップ(W杯)ロシア大会へ「今行けるだろうなというのは5、6人」と語り、メンバー選考の進捗(しんちょく)状況を明らかにした。

 指揮官は「長谷部(アイントラハト・フランクフルト)がどれだけ大事か」と全幅の信頼を置く主将の“当確”を示唆。23人枠の残りは「まだ競争」と話し、選手にさらなるアピールを求めた。

 具体的には「中盤で、もっとパワーがある選手がいれば理想」と強調。長谷部が起用できない場合の備えも必要とした。「正直、今は結果だけにこだわっていない。いろんな組み合わせを試して見つけないといけない」と、10日のブラジル戦や14日のベルギー戦で世界トップクラスに通用する答えを探す意向だ。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう