記事詳細

清宮幸太郎の日ハム入団で斎藤佑樹が「早稲田会」勧誘宣言 (1/2ページ)

 7球団競合の末、日本ハムが交渉権を獲得した早実・清宮幸太郎(18)。高卒ルーキーはプロ入り後、先輩選手から社会人としてのマナーやプロの心得などを学ぶのが習わし。その“指導係”になるのではないかと見られているのが、早実の先輩にして日本ハムドラ1の先輩である「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(29)だ。

 実は日本ハムには早稲田大出身選手による「早稲田会」なるグループが存在する。斎藤はその“会長”を務めている。

 「3年前に斎藤の呼びかけで結成されました。早大OBのメンバーが集まって食事会をしたりゴルフをしたりしているようです。メンバーは大嶋匠(27)、有原航平(25)、石井一成(23)のほか、なぜか早大卒でない杉谷拳士(26、帝京高卒)が盛り上げ役として参加している」(スポーツ紙記者)

 早大卒ではないものの、早実出身の清宮も“参加資格”があるはず。清宮を早稲田会に勧誘すれば、スタールーキーの苦悩を伝える機会にもなる。沖縄でキャンプ中の斎藤を直撃すると、

 「えっ? それを聞くためにわざわざ沖縄まで?」

 と驚きながらも明るく取材に応じてくれた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース