記事詳細

「最高の選手」という称号が似合うサッカー日本代表選手ランキング (1/2ページ)

 アジア最終予選を勝ち抜き、2018年に開催される2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会の切符を手に入れたサッカー日本代表。現在は若い世代を中心に構成されていますが、過去には様々な選手が日本代表選手としてW杯に出場しました。

 そんなW杯出場経験がある選手の中で、特に“最高の選手”と呼ぶにふさわしい人は一体誰なのでしょうか。そこで今回は、W杯出場経験のある最高のサッカー選手について探ってみました。

 1位 中田英寿
 2位 中村俊輔
 3位 本田圭佑
 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位は「中田英寿」!

 “孤高の天才”と呼ばれた中田英寿。彼は3度のW杯に出場しています。最初に出場したのは若干21歳のとき。21歳の若さで司令塔として多くの年上選手に指示を出していたのです。

 その後、世界最高峰のレベルを誇るイタリアのセリエA・ペルージャへ移籍し、中心選手として活躍しました。さらにその後、ローマ、パルマ、ボローニャ…と活躍の場を移し、常に最高のパフォーマンスを見せ続けた彼。

 日本代表の中心としても長年活躍していた最中、2006年のドイツW杯にて完全燃焼し、電撃引退を発表。まだ29歳という若さでの引退に多くの人が衝撃を受けました。「中田英寿は別格」「日本が誇る最高のサッカー選手」という声が多く、1位となりました。

gooランキング
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース