記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】効果的なラウンド前のパッティング練習 「3個連続でカップインしたら、ティーグラウンドに行こう」 (1/2ページ)

★成田美寿々(2)

 今回は、私がいつもやっているラウンド前のパッティング練習についてお話ししましょう。

 最初に、前回紹介した「小さいバックスイングで大きく転がすドリル」をやります。

 スティックを両脇で抱えるようにはさみ、ボールの手前にパターのヘッドをセットして、そのままバックスイングをせずにヘッドを押し出す力だけでボールを転がす練習です(写真〔1〕)。

 これは、「芯でボールをとらえるための練習」ですが、大きく振り出すということを考えれば、体をほぐすトレーニングにもなります。

 次に、長い距離から順に距離感を合わせながら何球か打ちます。これはアマチュアゴルファーの皆さんもやっていることだと思いますが、その日のグリーンの速さを確かめながら、距離感をつかんでいきます。

 このあと、もうひとつドリルを挟んだあと、最後に短い距離をカップに入れてパッティング練習を終わります(同〔2〕)。50センチ程度でOKですので、実際にカップインの音を聞いたり、ボールがカップに吸い込まれていく映像を目に焼き付けておくことはとても大事なことです。このような成功体験を積んでおくと、本番でも「絶対入る」という気持ちになり、不安を覚えることが少なくなるからです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう