記事詳細

宮原、SP6位 復活への大事な一歩を踏み出す「落ち着いて滑ることができた」

 フィギュアスケート・NHK杯第1日(10日、大阪市中央体育館)グランプリ(GP)シリーズ第4戦。開幕し、女子ショートプログラム(SP)が行われ、左股関節の疲労骨折から約11カ月ぶりに復帰した宮原知子(さとこ、19)=関大=は65・05点の6位となった。 

 演技前に名前をコールされたとき、今まで以上に声援が大きく聞こえたという。昨季の全日本選手権3連覇を最後に、左股関節の疲労骨折で実戦から離れていた宮原。約11カ月ぶりの実戦に、19歳は「大きな舞台に戻ってくることができた」と喜びをかみしめた。

 6位スタートとなったSP。冒頭の2連続3回転ジャンプで1本目が回転不足で、2本目は2回転で降りた。珍しくミスを重ねたが、その後は手堅くまとめて「悪いスタートではなかった」と手応えを口にした。

 離れていた試合勘を取り戻すため、練習から実戦を想定した工夫を凝らしてきた。曲をかけて滑るときは直前に大会と同じ6分間練習で調整。いったんスケート靴を脱いで待機する時間を設けることまで徹底した。この日の演技で成果を実感し、「思っていたよりも落ち着いて滑ることができた」と振り返った。

 再起をかける今シーズン。オフは夏場以降も慎重に調整を重ねた。痛みの再発を防ぐため、7~9月はスピンやステップ、スケーティングだけに集中。負担の大きいジャンプの練習を再開したのは10月からで最初は1日2本、今大会の直前も10本程度に制限した。

 照準はあくまで五輪代表が決まる12月の全日本選手権だ。「もっといい演技をしてきたい」。日本女子のエースが、復活への大事な一歩を踏み出した。(産経新聞、田中充)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう