記事詳細

平昌五輪メイン会場 観客一斉移動で揺れるといわれる安普請 (1/2ページ)

 《平昌冬季五輪、まずは国民から盛り上がろう》--韓国の有力紙・朝鮮日報の11月2日社説の見出しだ。訴えはこう続く。

 〈合計107万枚あるチケットのうち10月30日の時点で売れたのはわずか34万枚で、全体の31.8%にとどまった。(中略)韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる。誰がどうやって韓国人の情熱に火を付けられるかが問題だ〉

 販売開始から9か月が過ぎても7割が売れ残っているというから事態は深刻だ。在韓ジャーナリスト・藤原修平氏がいう。

 「今年2月のプレ五輪も客席はガラガラだった。チケット販売不振の打開策として、『文在寅大統領のサイン入り腕時計とのセット販売』という案が真剣に検討されているが、効果があるとは思えません」

 ■スタジアムが本当に「揺れる」

 女子フィギュア金メダリストのキム・ヨナの引退以降、韓国には冬季スポーツの国民的スターがいない。キム・ヨナは平昌五輪の広報大使を務めるが、国民の関心には繋がっていない。さらなる難問は設備面だ。

 平昌は2月の平均気温がマイナス8.3度という極寒地で2013年にはマイナス20度を記録した。しかし、開会式が行なわれるメイン会場には屋根がなく、選手も観客も吹きさらしの風に晒される。同会場で11月4日に催されたコンサートでは低体温症で5人が緊急搬送された。

 「当日の気温は2度でしたが、2月はもちろん氷点下になる。夜8時から4時間も続く開会式の最中、不調を訴える観客が続出し、競技への影響を考慮して出席を取り止める選手も出てくるでしょう」(藤原氏)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース