記事詳細

日馬富士が暴行を謝罪、九州場所を休場 10月に貴ノ岩が大けが

 大相撲の東横綱日馬富士関(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が10月の秋巡業中に平幕貴ノ岩関(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=を殴打して大けがを負わせたことが14日、分かった。会食の席でのトラブルだったという。

 日馬富士関は同日午前、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋での朝稽古後「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。九州場所3日目からの休場を届け出た。

 日本相撲協会幹部は、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開いた。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が両力士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方(元横綱)から事情聴取。

 協会関係者によると、日馬富士関は10月26日夜に開かれた会食の席で、感情のもつれから貴ノ岩関にビール瓶などで暴力を振るったとされる。貴ノ岩関は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と診断され、11月に一時入院。九州場所は初日から休場している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう