記事詳細

貴乃花親方、10月下旬に被害届出していた 伊勢ケ浜親方は日馬暴行の事実認める

 大相撲の東横綱日馬富士関(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が平幕貴ノ岩関(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=に暴行を振るって大けがを負わせた問題を受け、日本相撲協会は14日、危機管理委員会の調査を始めると発表した。

 師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は暴行の事実を認めているが、相撲協会は日馬富士関に対する処分や調査結果は九州場所中に出さず、事実関係が判明するまで先送りするという。

 春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、相撲協会は14日に伊勢ケ浜親方と貴ノ岩関の師匠である貴乃花親方(元横綱)を事情聴取した。貴乃花親方は、10月下旬に鳥取県警へ被害届を提出したことを報告。伊勢ケ浜親方は暴行の事実を認めた。貴乃花親方は「危機管理委員会にお任せし、指示に従う。いち早く究明したい」と述べたという。

 日馬富士関は九州場所3日目の14日、相撲協会に「左上腕骨内側上果炎、左尺骨神経痛で約6週間の治療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう